マンションの収納スペースを繰り返すリフォーム

マンションの面積は限られているので、どうしても収納スペースが少なくなってしまう。
収納が少ないから、収納家具を買い足しているご家庭も多いのではないでしょうか?しかし、収納家具の設置によって、部屋が小さくのぼるという別の気掛かりが生じることもあります。

マンションのリフォームでは、限られた空間も、デッドスペースを上手に利用して収納を繰り返すことができます。
別に、マンションに住んである人の中には、「玄関収納が足らなくて、家中の靴がしまえない」という悩みを抱えている人が多いと思います。
それでも、「手狭から仕方ない」とあきらめていませんか?実は、狭苦しいマンションの玄関も、収納スペースを繰り返すことができる“デッドスペース”が隠されていらっしゃる。

例えば、玄関の下駄箱を助ける台座の“台輪”は、中が空洞になっているので、そこをリフォームして上手に利用する結果、収納スペースとして助かるのです。
また、細長い玄関の収納スペースを広げるには、造り付け家具のリフォームがおすすめです。
造り付け家具なら、デッドスペースとなっていた無駄な隙間をなくして、内部の空間を有効活用できますし、手持ちの靴や傘など収納するもののサイズによってきちんと取ることができます。

廊下の壁の中も、リフォームによって収納スペースが生まれます。
マンションの間仕切り壁は、7�pくらいの厚みがあり、その中は空洞になっていることがほとんどです。
その壁の中の空洞を収納スペースにするリフォームは大して簡単にやれるので、壁紙の張替えリフォームをするら一緒にやってもらうと一段と快適に生まれ変わります。
壁の中に収納を調べるメリットは、廊下だけでなく、キッチンや便所、トイレにも作れることと、奥行が浅いので、収納したものが見やすく引っこ抜き易いことです。

もっと、壁の厚みを有効活用した収納リフォームを進化させたのが、「可動間仕切り収納」だ。
これは、壁で部屋を仕切るのではく、自由に移動できる家具で区切るのです。
可動間仕切り収納は、中身が入っていても簡単に移せるので、部屋の模様替えを気軽にできたり、1つの部屋を2つに分けたりすることができます。

このように、マンションは収納スペースが少ないという問題がありますが、デッドスペースや壁の中、間仕切りをリフォームする結果、収納がとっても増えてお部屋も広々と払えるようになるのです。https://huppeskemp.nl/