錦糸卵とイクラの和風冷製パスタ

暑くなると、パスタも白々しいものが食べたくなりますね。
冷製パスタは簡単に出来る上、はずれ無く上手く出来ますから、お昼のおもてなしにも重宝します。
そんな時、錦糸卵とイクラによる冷製パスタはいかがでしょうか。
まさかちらし寿司という趣きの、御馳走という雰囲気も出る一品になります。

錦糸卵は大して簡単に出来るものです。
卵に少しの塩と砂糖で味をつけてから焼きます。
他のものと組み合わせるとしても、卵に若干味が付いているほうがおいしいだ。
卵1個につき砂糖小さじ1杯くらい、塩チラチラいれて鋭く取り混ぜます。
丸っこいフライパンにちょっとだけ油をひいて、卵1個でしたら特にその半分くらいをフライパンに流しいれます。
最大入れますと、厚くなるので、低くフライパン全体に卵を引き伸ばす感じにする。
弱火として、そこそこ熱が通ったら裏替えする。
ないので直ちに火が通ります。
1枚焼けたらまな板に置き、卵が全部焼けたら、適当ながたいに切り分け、それをあとは千切りにする。

錦糸卵とイクラの冷製パスタ・・材料:(セルフ分)スパゲッティ100グラム、卵1個、イクラ好みの量、刻み海苔、めんつゆ。
作り方:スパゲッティは約1リットルのお湯で塩小さじ1杯ほど入れて、表示してある時間より1分から2分長めにゆでます。
あとで冷ますので長めにゆでないと硬くなってしまうからだ。
ゆで上がったら、氷水に入れて冷まし、ざるに上げた後、キッチンペーパー等で、水気を断然取ります。
この時水気を断固取らないと、べたついたものになってしまい、上手くなくなるからです。
そのスパゲッティをボールに入れて、オリーブオイルを回しかけ、しばしば取り混ぜます。
そのスパゲッティをお皿に盛り付け、今や作っておいた錦糸卵をきれいにのせます。
その上から、イクラをきれいに散らし、真ん中にもイクラをトッピングする。
ぜいたくにイクラを盛り付けましょう。
そして刻みのりを散らします。
その上からめんつゆを好みの量、回しかけて下さい。

お客様にお出しする時は、器にも工夫をください。
涼しげなガラスのお皿に盛り付けると、夏らしき雰囲気が出てステキだ。
ミニトマトやお花のにんじんを飾っても良くなりますね。アリシアクリニック柏院の予約!お得なキャンペーン窓口